ARIEL.BUST.CLINIC(名古屋の脂肪吸引・注入・豊胸クリニック)診療内容顔(頬・顎下)の脂肪吸引
顔の脂肪吸引

顔(頬・顎下)の脂肪吸引

こんな方におすすめ

  • 二重顎、まる顔、フェイスラインが気になる
  • 顔に脂肪がつきやすい
  • ダイエットがうまくいかない
  • ダイエットしても顔の脂肪が落ちない
  • 短期間で小顔になりたい

当院はベイザー脂肪吸引を採用しています

ベイザーリポ

当院では、成果のしっかり出るベイザー脂肪吸引を用いて、理想の顔(頬・顎下)を実現します。

ベイザーの特徴1.大量に顔の脂肪吸引ができる

ベイザー脂肪吸引は脂肪の浅い層〜深い層までムラなく取り除くことができるため、大量に顔(頬・顎下)の脂肪吸引をすることができます。

当院はベイザー脂肪吸引の指導機関で認定資格を取った経験豊富な医師が顔(頬・顎下)の脂肪吸引手術を担当します。ベイザー波の出力をうまくコントロールしながら顔(頬・顎下)の脂肪吸引を行い、しっかりと成果を出すことにこだわっています。

ベイザーの特徴2.デザイン性が高い

一般的な顔(頬・顎下)の脂肪吸引では真っ直ぐなカニューレのみを使用しますが、ベイザー脂肪吸引の場合は湾曲したもの、短いものなど様々な形状のカニューレを使い分けることで、体のラインに沿った細かなデザインを可能にしています。

ベイザーの特徴3.タイトニング効果がある

ベイザー波は顔(頬・顎下)の脂肪のみにアプローチし、周辺組織にダメージを与えることなく吸引ができます。

そのため、術後は組織が自然にタイトニングし、皮膚のたるみや凹凸を避けることができます。

ベイザー脂肪吸引の仕組み

顔(頬、顎下)の脂肪吸引で当院が選ばれる理由

1.形成外科専門医による施術

ARIEL.BUST.CLINIC 院長 石塚 紀行

顔の脂肪吸引は単に余分な脂肪を取り除くだけでなく、輪郭を整えるために精密な技術が求められます。

そのため、高度な技術と経験を持つ医師を選ぶことが大切です。

当院では日本形成外科学会の専門医であり、脂肪吸引の技術指導クリニック出身でもある院長が施術を担当します。

2.高品質な美容医療を適正な価格で

当院では美容のプロから見て、お客様がよりよくなる施術のみを提案しています。不要な施術や追加オプションの押し売りは一切行いません

また、お客様が不安を感じることなく治療を受けられるよう、料金について明確に説明することを徹底しています。

どのような些細なことでも構いませんので、疑問や不安があればお気軽にご相談ください。

3.顔専用に特注したカニューレを使用

当院では顔専用に特注したカニューレ(吸引管)を使用しています。

顔は身体の他の部位と比べて脂肪の量が少ないため、通常のカニューレでは脂肪を吸いすぎてしまう可能性があります。

そのため、吸引の穴が1つのもの・複数あるものを使いわけることで、脂肪を取りすぎることなく、自然で綺麗な仕上がりを実現しています。

脂肪吸引とは

脂肪吸引とはカニューレという細い吸引管を皮下脂肪に挿入し、脂肪を直接吸い込み痩身を目指す手術です。

脂肪吸引

一般的なダイエットは脂肪細胞を小さくすることでサイズダウンを目指しますが、細胞の数は減らせないため、過食・運動不足が重なると再び細胞が大きくなりリバウンドすることがあります。

一方、脂肪吸引は脂肪細胞の数自体を減らすため、術後リバウンドしにくいという特性があります。ダイエットでは難しい部分痩せができる点もメリットです。

脂肪吸引にはいくつか手法がありますが、代表的なものは次の通りです。

手法特徴
シリンジ医師が手作業で行う方法で、注射器型の吸引器で少しずつ脂肪を吸引する方法。
手作業のため細かな吸引ができるが、医師の技量によって仕上がりが大きく左右される。
アキーセルカニューレを振動させ、脂肪をほぐしながら吸引する方法。
脂肪周辺の組織へのダメージが少なく、痛みやダウンタイムが抑えられる。
ベイザーベイザー波という超音波を出し、脂肪のみを溶かして吸引する方法。
繊維組織へのダメージを与えずに大量の脂肪を吸引できる。皮膚が綺麗にタイトニングするためたるみなどを抑えられる。

当院の顔(頬、顎下)の脂肪吸引へのこだわり

1.傷跡は目立たず最小限に

顔の脂肪吸引では「左耳・右耳の裏」と「顎下」の合計3ヶ所を小さく切開し、カニューレを挿入します。

耳の裏には自然なシワがあり、普段の生活で耳の裏を人に見られる機会も少ないため、傷跡は目立ちません。

また、顎下は顎のラインに沿って小さく切開するため、顔の前面からは傷跡がほとんど見えなくなります。

2.痛みやダウンタイムを抑える工夫

当院では顔の脂肪吸引における痛みやダウンタイムを抑えるため、ベイザー脂肪吸引を取り入れています。

ベイザー脂肪吸引は従来の脂肪吸引と比べて周囲組織へのダメージが少なく、痛みや腫れの大幅な軽減が期待できます

また、ベイザーの操作技術に長けていることも当院の強みの一つです。

脂肪吸引の技術指導クリニック出身の医師が、お客様一人一人の状態や部位にあわせて、最適な出力レベルを設定します。

3.理想の仕上がりへ近づける工夫

技術指導クリニック出身の医師がこれまでの経験と技術、知識を駆使して、お客様の理想のフェイスラインを実現します。
お客様の理想の仕上がりへと近づけるため、顔の脂肪吸引ではとくに以下の点にこだわっています

顔用の特注カニューレを使用顔専用に設計されたカニューレを使用し、脂肪を均等に、かつ過剰に取りすぎないようにしています
頬の脂肪は適切に吸引する頬は取りすぎると凹みやシワ、弛みにつながるため適切な吸引を心がけています
メーラーファットは取らない適応があればほうれい線上の脂肪に限り吸引することがあります
その他の施術との併用吸引後のたるみが懸念される場合には糸リフト、よりボリュームを減らしたい場合にはボトックスの併用を提案しています

顔(頬、顎下)の脂肪吸引の料金

270,000
顎下270,000
頬顎セット498,000
※料金は全て税込み価格です

モニター割引あり

麻酔代(静脈麻酔、内服代)110,000
麻酔代(全身麻酔、内服代)220,000
血液検査7,000
※料金は全て税込み価格です

上記に加え固定具の費用がかかります。費用は変動するためカウンセリング時にご確認ください。

顔(頬、顎下)の脂肪吸引の流れ

麻酔

静脈麻酔を点滴し、眠っている間に手術を行います。手術時間は30分程度です。

痛み止めも併用するため、手術中の痛みや不快感はほとんどありません。

チュメセント液の注入

4mmほど切開して穴を作り、痛み止めや止血剤の入った液体(チュメセント)を皮下脂肪に注入します。

カニューレ操作による摩擦から皮膚を保護するため器具(スキンポート)も装着します。

脂肪吸引

ベイザー波で脂肪を周辺組織から分離させて吸引しやすい状態にした後、太さ約3mmの顔用カニューレで脂肪を吸引します。吸引後は麻酔薬を絞り出し、傷を縫合して手術完了です。

顔(頬、顎下)の脂肪吸引のダウンタイム

顔の脂肪吸引後のダウンタイムは腫れや内出血、痛み、むくみなどの症状が現れます。顔は他の部位に比べて脂肪の吸引量が少ないため、症状は比較的軽度です。

腫れ・内出血腫れ:1〜2週間程度
内出血:1〜2週間程度だが頻度は稀
痛み3〜5日程度
拘縮(吸引部位が硬くなる期間)2〜4週間で拘縮を実感し、3〜6ヶ月で改善する

洗顔やシャワーは翌日から可能ですが、患部を擦らないように注意してください。

また、症状が落ち着くまでは辛いものや塩分の多い食事、飲酒は避けましょう。腫れやむくみが悪化する可能性があります。

顔(頬、顎下)の脂肪吸引のリスク

凹凸皮膚表面に凹凸が発生する可能性があります
左右差顔の左右の輪郭に違いが出ることがあります
色素沈着稀に茶色いシミのようなものが生じることがあります
一時的な感覚低下ごく稀ですが、知覚神経の末梢神経がダメージを受けることで、一時的に感覚低下を起こすことがあります
一時的な顔面神経麻痺ごく稀ですが、顔面神経の損傷により、一時的に筋肉の動きが低下する(顔面神経麻痺)ことがあります
皮膚壊死過度な脂肪吸引や感染により、手術部位の皮膚がダメージを受けて壊死をすることがあります
期待した仕上がりとの不一致最終的な見た目が、事前に期待していたものと異なる場合があります

よくある質問

ベイザー脂肪吸引とは脂肪吸引の違いは何ですか?
脂肪を吸引する行為は同じですが、そのまま吸引をするか、吸引する前に1処置加えてから吸引するかが違います。脂肪は脂肪だけがあるわけではなく周囲の繊維組織や血管や神経などと一緒にくっついているためそのままでは吸引しにくい状態になっています。無理に吸引すると出血が多くなったり繊維を壊してしまい弛みに繋がる可能性があります。 ベイザー脂肪吸引はベイザー波で脂肪を遊離させて吸引しやすく血管や繊維などを壊さないようにできるため吸引操作がしやすくなりダウンタイム軽減や弛にくいなどといった違いがあります。
頬がコケたりしませんか?
元々のコケやコケてしまう部分は吸引しないようデザインをして適切に吸引を行うためコケる心配はありません。
脂肪吸引すると弛むと聞いたのですが、大丈夫ですか?
本当です。ただ、多くの方は心配入りません。事前の診察で吸引後に弛みやすいかどうかは判断できます。その際はタイトニングや糸の併用がお勧めです。
糸と併用した方がいいですか?
ほとんどの方で不要です。ただし、弛みが出ているかたや弛みそうな方は併用することがあります。カウンセリングでしっかり適応を見極めるので安心してください。
完成はいつですか?
おおむね6ヶ月後です。
監修医情報
石塚 紀行 ARIEL.BUST.CLINIC 院長

石塚 紀行

ARIEL.BUST.CLINIC 院長
経歴
2013年
獨協医科大学医学部医学科 卒業
2013年
獨協医科大学病院 臨床研修センター
2015年
獨協医科大学病院 形成外科・美容外科入局
2017年
足利赤十字病院 形成外科 入職
2018年
獨協医科大学埼玉医療センター 形成外科学内助教
2020年
さいたま赤十字病院 形成外科 入職
2021年
THE CLINIC 入職
2023年
THE CLINIC 大阪院・名古屋院 副院長就任
2024年
ARIEL .BUST.CLINIC 開院、当院院長就任
所属学会
  • 日本形成外科学会 専門医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法 認定医
  • VASER Lipo 認定医
  • Juvederm Vista 認定医
  • 乳房再建用エキスパンダー/インプラント
    実施医師
  • 日本形成外科学会 所属
  • 日本美容外科学会(JSAPS)所属
医師コメント
ARIEL.BUST.CLINICというクリニック名には、バストのあらゆる悩みを解決したい、自信を持って人生を楽しく過ごしていただきたい、という思いが込められています。形成外科専門医としての知識と技術をもって一人ひとりととことん向き合いますので、まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。お待ちしております。
公式SNS
CLINIC
  • ARIEL.BUST.CLINIC
  • 〒 450-0002
    愛知県名古屋市中村区名駅4丁目27-6 μX MEIEKI 4F
  •            
  • 診療時間:10:00-19:00(不定休)

モード学園スパイラルタワーズを目印にカラオケJOYJOYの隣のビルです。
名古屋駅よりミヤコ地下街2番出口から出てすぐ

自然な仕上がりをお求めの方は、
まずお気軽に
無料カウンセリング
をご予約ください!

本サイトは医師監修のもと
情報を掲載しています

ARIEL.BUST.CLINICでは日本形成外科学会専門医資格を有した医師が診療にあたっております。日本美容外科学会(JSAPS)正会員、ジュビダームビスタ認定医、VASER LIPO認定医、コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医資格、ICLS(Immediate Crdiac Life Support)を有し、各学会での発表も積極的に行っています。

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当サイトは医師免許を持ったARIEL.BUST.CLINICの医師監修のもと、情報発信をしております。
医療広告ガイドラインの運用や方針についてはこちらをご覧ください。

10:00-19:00(不定休)

電話予約

24時間受付

LINE予約

24時間受付

WEB予約